Brand
CIRE TRUDON

フランスで最古の歴史を誇る老舗キャンドルメーカー「CIRE TRUDON(シール トゥルドン)」
1643年、ルイ14世がフランスの国王に即位した年に、クロード・トゥルドンはパリのサントノーレ通りに店を構えま した。店ではスパイスなどの商品を売り、同時に地元の人々や教会に向けてキャンドル作りを始めました。 トゥルドンの名を冠した小さなマニファクチュアから始めたその店はとても繁盛し、多くの財を成しました。 その後、クロードの息子、ジャックが後継者となり、ワックス(蝋)やキャンドルを製造販売し、積極的に事業展開 しました。そして、1687年、彼は王妃マリーテレーズの専属アポセカリー及び調合師となりました。
当時、ワックス(蜜蝋)は厳重な監視の下で作られていました。ワックスは、蜂の巣から注意深く採取されて、洗 浄、すすぎの工程を経て白くなっていきます。太陽光にはワックスを白くする効果があるので、細長く切り取ら れた後、天日干しにします。このようにして出来上がったワックスは、純度が極めて高く、特に繊細な縁を通し て見る灯火は格段と美しいものになっています。
1737年、そのまた子孫のジェローム・トゥルドンが後継した時代に、その当時、最も有名なワックス工場である、 Cireロイヤルワックスを買収しました。メゾン トゥルドンはフランス皇帝ルイ14世やパリで一番有名な教会にも献 上していました。当時は、大規模な工場内で100人以上の従業員が働いていました。これらの古い工場は、パ リの南アントニーに、今もなお現存しており、歴史文化財として残っています。 当時、トゥルドン家のキャンドルはフランスで最大にしてもっとも信頼を得ており、1762年発行のフランス版エン サイクロペディアには「技術の卓越したキャンドルメーカー」として記載が残されています。
やがて、産業革命により、機械化の波がそれまで手作りでやってきた工場にも押し寄せてきました。1889年、 パリ万博での金賞受賞をはじめ、キャンドルづくりのノウハウや功績が称えられ、数々の賞を受賞しました。その 後も、プライベートブランドとして人気を博してきたトゥルドンは、現在、工場をノルマンディに置き、世界的にも他 に類を見ないプレステージブランドとなりました。

シール トゥルドンのその他商品や各種お問い合わせは、店舗へ直接お問合せ下さいませ。
TEL: 092-406-0322
営業時間:11:00-20:00

LAMINA brand